保存水について、その重要性

皆さんは、水についてどのような知識がありますか。水道の蛇口をひねると、当たり前のように出てくる水はありがたい物ですよね。水道代を払えば、誰にでも好きなだけ提供される水ですが、実は、日本は水大国ではないのです。異常気象が例年続くなか、毎年どこかで水不足が深刻になっています。当たり前に出てくる水が一切でなくなったら、これほど生活の不便を感じることはないと思います。そこで、あらかじめ水不足を予測し保存水をためておく必要があります。もちろん、保存水は多ければ多いにこしたことはありませんが、貯めておける水量には限界があると思います。その限られた保存水で、食事や洗濯、水洗トイレを流す水を全て補おうとすると何日でなくなると思いますか。きっと、びっくりするくらい、すぐになくなってしまうと思います。いかに私たちが水を必要として生活いるかがわかると思います。普段の生活から、水について考えることが対策の第一歩かもしれませんね。

非常用の保存水の目的

保存水の目的として、防災や備蓄の専用としての天然の水を保存して、万が一のために、保存しておくための水を使用する目的のために保存されています。保存の専用の水は、最低でも5年以上の期間で、そのまま置いておいても品質が変化しない要素を持っています。保存水が取れる所として、有名な山麓で採取される事が多くて、採取した水を保存用の容器に入れて保存しておきます。自然の水を備蓄用の水として取り扱っている会社が、ビジネスとして多くのお客様に販売しています。ライフラインが止まった時には、基本的には町内に住んでいる住民に対して、給水車が定めている所で給水を行っています。原則的に無料で給水車から水を供給できるので、水に関しては安心な状況でいられる事が多いが、給水車が来ない時の対応のために、自然の水を蓄えておく心構えは必要です。

命を守るために保存水を準備しよう

水は人間の構成成分の6割を占めていて、生きていくためには大切なものです。今は、蛇口を捻れば水が出てきますが、それは、水道管が整備され、電気でポンプを動かしてマンションの上階でも水を運んでくれているからです。ですが、自然災害などで水道管が破損したり、電気が止まってしまったら蛇口から水は一切出てこなくなってしまいます。そうなってしまったら、苦しい思いをするかもしれません。そんなときに役に立つのが保存水です。水を常日頃から常備しておけば、水が手に入らなくなってしまったとしても、数日間は持ちこたえることができます。しかも、保存水は5年から10年保存できます。10年も保存できれば、一度購入すれば当分買い換える必要がありませんので負担も少ないです。自然災害は思いもよらないタイミングで突然やって来ます。今から準備しておいた方が無難だと思います。